2014年07月12日

民事訴訟手続き

民事訴訟手続きには、3つ目の役割がある。
平等であるために、民事訴訟手続きは、効率的なものでなければならない。
他のどんなすばらしいことの多くのように、あまりに平等すぎる手続きは、逆に生産性がなくなる。
もし訴訟当事者が、自分の事件を表現する無制限の機会をもっていたならば、訴訟が耐え切れないほどやっかいで、時間がかかり、そしてお金かかるものになっていたであろう。
さらには、訴訟制度は、国家が個々の市民に提供する社会資源である。
平等で効果的な訴訟手続きからすべてについて、個々人、社会には否定できない利益がある。しかし、どれだけ多くの裁判官をわれわれは養う余裕があるのだろうか。
したがって、手続きのルールはよりよい手続きという利益と、費用・遅延という不利益のバランスを保たなければならない。

保険のホの字のホント
posted by とも at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。